空港保安検査員

空港保安検査員

空港保安検査員は空港内検査場にて金属探知機やX線機械を使ったボディチェックや持ち物検査、検査場案内などを行う専門職。

空港で働いている、空港の安全も守る業務内容から「公務員」というイメージがあるが、実際にはそのほとんどが警備会社の社員であり、公的な職業ではありません。


なるための難易度

慢性的に人手不足の職業のため、高卒以上であればなりやすい職業。


年齢

高卒の新卒が多く、20代の若手が多い職業。
中途採用としては40歳位が限界値。


学歴

高卒以上の学歴があれば、問題なく採用のテーブルにのることができる。


収入状況

制服を着用していることから厳格な雰囲気のある職業だが、年収は芳しくない。
業界には若い人が中心のため、平均年収は一般的なサラリーマンと比較すると高くない。

なるには
空港保安検査員になるには   具体的にどうすればよいのか?   空港保安検査員の男女比はどのくらいなのか? 空港保安検査員の...
なるには
空港保安検査員は他の職業と比較すると離職率のとても高い職業です。 その殆どが、実状を知らないまま、あるいは、実状を見誤ったまま就職してしまったと考えられ...
給料・収入・待遇
職業データベースでは実際に空港保安検査員として働いている人に取材を行い、空港保安検査員の収入状況を調査いたしました。   1 2 ...
仕事内容
日本全国、ほとんどの空港は365日・年中無休で営業が行われています。 空港で働く空港保安検査員の1日・1週間のスケジュールはどうのようなものなのかを...
仕事内容
    空港保安検査員はクレームの嵐 空港保安検査員の業務でいちばん大変なのはクレーム対応。  
参考書籍など
空港保安検査員を知るために参考になる書籍・動画・ウェブサイトを一覧表示しています。 参考になるウェブサイト     参考になる動画...
同じカテゴリの職業
電車の運転士
安全・円滑な運転を遂行するために、運転以外の業務を担当する乗務員
タクシーの運転手
トラックで荷物を目的地まで運び届ける運転手
観光バスや営業用バスの運転手
整備工場や自動車ディーラーに勤務し、自動車の整備を行う技術者
空港で働く航空会社の地上勤務職員
旅客機の中で乗客への接客サービスに従事する乗務員
輸出入貨物の監督機関である税関の職員
外国人の入国審査や日本人の出帰国確認など、入国に関わる審査・調査を行う国家公務員

職業カテゴリ

金融・ビジネス系

コンピュータ・IT系

福祉・医療系

教育系

公務員系

マスコミ・芸能系

デザイン・アート系

建築・現場系

ものつくり・製造系

スポーツ系

食べ物・フード系

接客・サービス系

交通・運輸・通信系

国際・海外系

変わった職業

その他の職業

職業体験談カテゴリ

金融・ビジネス系

コンピュータ・IT系

福祉・医療系

教育系

公務員系

マスコミ・芸能系

デザイン・アート系

建築・現場系

ものつくり・製造系

スポーツ系

食べ物・フード系

接客・サービス系

交通・運輸・通信系

国際・海外系

変わった職業

その他の職業